グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



PEOPLE & WORK

ホーム >  人と仕事を知る >  北関東営業所 T.S.

T.S.

自分なりのモットーを確立
粘り強い営業が成長と実績につながっていく

  • 北関東営業所
  • T.S.
  • 2018年新卒入社

入社3年目の若手営業。「海外で働く」という夢をつかむためアイセロに入社し、現在は北関東営業所で経験と実績を重ねている。学生時代は野球一筋。厳しい部活動で鍛えられた強靭な精神を「100回顔を合わせる」という営業スタイルに順応させることで、自身の成長とお客様との信頼関係を構築。平日はブラジリアン柔術、週末はサーフィンと、プライベートでもアクティブ派を貫く

“2つの軸”にマッチした理想的な企業。夢は海外赴任

就職活動では、2つの軸を持って会社選びをしました。ひとつは「地元・東三河エリアに本社を構える優良企業であること」、もうひとつは「海外で働くチャンスがある企業であること」です。特に海外で働くことに興味があり、語学が堪能ではないのですが、社会人になったらグローバルに活躍したい!という思いがありました。ですので、私にとってアイセロは理想的な企業です。海外に多くの拠点を持っていることもそうですし、他社では真似できない技術・製品で勝負できること、競合が少ない中でもより性能を上げ、揺るぎないトップを目指していくという姿勢にも惹かれました。

現在、入社3年目。北関東営業所(埼玉県)に配属され、主力製品である防錆フィルム「ボーセロン」の営業をしています。お客様のほとんどは自動車メーカーや自動車部品製造関連ですね。毎日、車で1時間半ほどかけて、担当エリアである群馬県や栃木県のお客様を訪問しています。もちろん最初は、自社製品のことも自動車業界のこともほとんど知識ゼロ。新入社員研修で基本的なことは学びましたが、実際に営業に出てからひとつひとつ身に付けていきました。

モットーは「100回顔を合わせて仲良くなれないお客様はいない」

正直、会話力やコミュニケーション能力には自信があったんです。でも、営業の現場に出るとすぐに崩れましたね(苦笑)。相手先の担当者はだいたいが40~50代の方。私にとっては父親と同じくらいの世代なので、共通の話題で盛り上がることもないし、知識や経験でも歯が立ちません。1時間以上かけて訪問したのに、全く相手にされなかったり、「用がないなら来るな」と厳しい言葉を言われた事も…。1年目はそんな日々が続きました。でも、どの企業に入っても営業とはそういうもの。決してお客様が悪いのではなく、ただただ私の力不足なんです。
悔しい気持ちもありましたし、営業するのがイヤだなと思うこともありました。ただ、そのくらいで挫けていては未来はありません。私は気持ちを切り替えて、不器用な自分にこう言い聞かせました。「100回顔を合わせて仲良くなれないお客様はいない」と。1~2回営業してダメなのは当たり前、10回ダメでもまだ十分の一。とにかく100回営業するつもりで、ひとつひとつのお客様にのぞむようにしたんです。すると、驚くほどリアルに自身の成長を実感できるようになりました。訪問した数だけお客様との距離が縮まっていくのがわかりましたし、知識やできることもどんどん増えていき、気付くと営業するのが楽しくなってきたんですよね。もちろん、先輩からアドバイスをいただいたり、新聞や本を読んで自動車業界について勉強したり、時には「新人なのでわかりません。教えてください!」とお客様に教えを請うなど、成長するためにいろいろな工夫もしました。そうやってがむしゃらに営業を続けていったことで、次第に業務をこなせるようになりました。余談ですが、さすがにまだ100回も顔を合わせたお客様はいませんよ(笑)。大抵のお客様は多くても10回くらいで仲良くしてくれますから。

製品に絶対の自信があるから、どんなことがあっても苦にならない

私の体験談から「大変そう…」と思った方がいるかもしれません。ただ、ある意味でアイセロの営業はとても楽です。なぜなら、私たちには“世界レベルの製品力”があるから。これが何よりの支えです。どんな気難しいお客様であっても、どんな大企業であっても「お困りごとを解決するには、アイセロの製品しかない!」という自信が揺らいだことはありません。つまり、魅力のない製品をあの手この手を使って…なんていうまやかしをする必要がないんです。蓄えてきた知識をもとに丁寧に説明をし、お客様の問題にしっかり寄り添った提案さえできれば、必ずアイセロを選んでくれます。だから100回の顔合わせになろうとも苦ではないんです。入社当初は大変なこともあるかも知れませんが大丈夫。私たち先輩社員がしっかりとサポートし、これまでの経験を余す所なく伝え、着実に成長できるよう導いていきます。さぁ私たちと一緒に、アイセロの製品を世界中の企業に届けていきましょう!
仕事も遊びも一生懸命!
「仕事もプライベートもしっかり楽しむ」のが
私の流儀
週末は千葉や湘南に出掛けてサーフィン、平日は最近始めたブラジリアン柔術にハマっています。
性格的に“仕事人間”になるのはNGなので、仕事もプライベートも同じくらい充実させたいんですよね。
特に柔術は平日夜に通っているので、スケジュール管理をしっかりして「仕事が終わらないから柔術に行けない」ということがないようにしています。
海外赴任になったら、エメラルドグリーンの海でサーフィンをしてみたいですね。
…となるとインドネシア勤務が希望かな。
あ、タイでムエタイを習うのも良いですね(笑)
  • image
  • image
1日のスケジュール
8:00
出社、メールチェック
8:30
始業、社内ミーティング
10:30
お客様と打ち合わせ
12:00
昼休み
13:00
お客様と打ち合わせ
17:00
帰社
17:30
上司・先輩への報告、メールチェック、資料作成などの事務作業
※週に一度、所内での事務作業のみの曜日を設ける
18:30
帰宅

後輩へのメッセージ

やろうかな?どうしようかな?と迷っていることがあるなら、まずは何も考えずに行動してみてください。

自由な時間の多い学生時代は、何でもチャレンジできる時期。やろうかな?どうしようかな?と迷っていることがあるなら、まずは何も考えずに行動してみてください。実際に動かないと「できる・できない」の本当の判断はつかないですから。営業も同じで、まずは営業してみる→ダメだったら修正する→だんだんと成果が出てくるの繰り返しです。ちょっとでも躊躇するとアッという間に時間は過ぎてしまいますので、とにかく動いて、学生だからこそ得られる経験やスキルにたくさん出会ってほしいと思います。

他の社員と仕事を知る

東京営業所 S.K.

技術開発本部 Y.W.

海外営業課 M.O.

東京営業所 H.T.

技術開発本部・生産技術グループ S.K.

技術開発本部 T.K.

製造技術課 H.M.

技術開発本部・生産技術グループ S.T.