グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



PEOPLE & WORK

ホーム >  人と仕事を知る >  技術開発本部 S.K.

S.K.

理念に惹かれ、社風に学び、
「女性の活躍の場」を実感

  • 技術開発本部・生産技術グループ
  • S.K.
  • 2018年新卒入社

愛知県豊橋市出身。大学で電子・電気工学を専攻し、大学院では太陽光電池の研究に尽力。いくつかの候補の中から「印象的な経営理念だったから」とアイセロへの入社を決める。ほんわかとした雰囲気の中に見え隠れするのは、仕事への真摯な姿勢。技術開発本部・生産技術グループの数少ない女性社員として、製造の現場に新しいスタンダードを植え付けていく。趣味は小学生から通い続ける書道。

周囲のサポートを受けながら、多角的な視点で最善策を探る

生産技術グループは、製造工場にある設備の生産効率を上げたり、問題の改善策を探っていくのが主な仕事。製造部門の方々と密にコミュニケーションを取り、意見や要望などを吸い上げて、生産技術に関する検証や実験などを行っていきます。「これなら早くて使いやすいね」と現場の方々からお褒めの言葉をいただくことが何よりのやりがいですね。
学生時代に取り組んでいた研究ノウハウやデータ収集の経験が活かされる場面もありますが、やはり仕事となるとレベルは段違い。単に生産効率をアップさせるのではなく、そこに至るまでのスピード、使いやすさや安全面といった、多角的な視点に立った上で最善策を模索することが求められます。
もちろん、最初はわからないことだらけでした。入社1年目に感じた壁のひとつは、これまで全く馴染みのなかった知識の習得です。電気図面や機械図面、プログラムに関することなど、生産の現場を知る上では基本的なことばかりなのですが、個人的にはゼロからのスタート。先輩にご指導いただいたり、個人的に本などで勉強し、ひとつひとつ吸収していきました。安心できたのは、アイセロの社員はみんなやさしくて、親身になって相談や質問に応じてくれること。就職するにあたって「人間関係が心配」と思われる方が多いと思いますが、弊社に限っては「そこは絶対に大丈夫!」と言い切れますね。そのくらい風通しの良い職場環境だと思います。

忘れられない失敗が、次の期待に応える糧となる

今まで働いてきた中で印象的なエピソードは…。真っ先に思い出すのは失敗談ですね(苦笑)。ある設備の一部にフィルムを送り出す装置があって、その調整作業を任せていただきました。当時の私の頭の中は「フィルムをいかにスムーズに送り出すか?」ということばかり。つまり、フィルムの材質や送り出す量は全く計算に入れてなかったんです。結果、フィルムが別の機械に巻き付いてしまうというミスに発展してしまい…。すんでのところで先輩に助けていただき、事なきを得たのですが、自分の未熟さを痛感した出来事でした。「フィルムを送り出す」に集中してしまい、製造のこと、製品のことまで見えていなかったんですよね。
それでも、私のような半人前に重要な仕事を託してくれたことがすごくうれしかったですし、次は絶対期待に応えよう!というモチベーションにつながりました。当たり前ですが、最初は誰でも失敗をするもの。それにめげず、失敗を次に活かせるように工夫していくことで、次第に自身の成長を実感できるようになるのだと感じました。同時に、現場とコミュニケーションを図ることの意味、タイムリーな情報収集の重要性についても学ばせていただきました。

産休・育休取得率100%。女性が末永く活躍できる環境

「得意に旗を立てよ」「市場は小さければ小さいほど良い」「包装は無ければ無しが良い」。そんなユニークな理念に惹かれて入社したアイセロ。生産技術グループの一員として見よう見まねからのスタートでしたが、3年目となった今では一通りの業務をこなせるようになり、「何がわかっていて、何がわからないか」の判断ができるまでの余裕が生まれてきました。まだまだ先輩・上司とのレベルの差はありますが、数年後には、主要な設備だったり、新しく導入する設備に携わっていける人材になっていたいですね。

最後に、先ほど人間関係の良さに触れましたが、弊社は“女性が働きやすい環境”という面でも充実しています。個人的に印象的だったのは、会社説明会の時でした。女性社員の方がメインで話をされているのを見て「あぁ、アイセロは女性が活躍できる会社なんだな」と直感しましたね。実際に入社してみても「女性だから○○」といった線引きや扱いを感じることはありませんし、会社全体として、今後一層女性が活躍できる職場環境を目指しているようです。もちろん具体的な制度としても、育児休業、育児短時間勤務、本社に隣接する託児所など、結婚・出産後も末永く働ける体制が整っています。人事の方に伺うと、女性の産休・育休取得率は100%で、そのほとんどが同じ部署・同じ待遇で復職をされているそうですよ。
仕事も遊びも一生懸命!
小学生から通い続ける書道が大切な気分転換
趣味は書道。小学生の頃から同じ教室に通っています。
スッと心を落ち着かせて書と向き合う時間は、私にとって大切な気分転換。
特に漢詩や漢文が好きで、よく臨書しています。
書道教室にはいろいろな年代の方がいらっしゃるので、コミュニケーション能力の向上にもつながっているかもしれませんね。
週末は…家でのんびりが多いですね。
あ、最近、筋トレにも興味があります。
もうちょっと体力を付けたいなって(笑)。
  • image
  • image
1日のスケジュール
8:00
出社、メールチェック
8:30
始業、今日のスケジュール確認
9:00
実験室や測定室でのデータ収集
12:00
昼休み
13:00
実験室や測定室での実験・検証
16:00
実験・検証のまとめ、結果報告
17:30
メールチェック、翌日のスケジュール確認
18:00
帰宅

後輩へのメッセージ

スケジュールを事細かく設定して「どうすればスケジュール通りに進むか?」を考えるクセを付けておく。

学生時代にもっと意識しておけば良かったと思うのは、スケジュール管理。例えば、研究発表をする際に「○日までにこれをやる」「今日はここまで調べる」「優先順位はこれとこれ」など、しっかりと計画を立てて進めていく習慣を付けておきたかったと後悔しています。学業に関することやプライベートのこと、バイトや就職活動でも、スケジュールを事細かく設定して「どうすればスケジュール通りに進むか?」を考えるクセを付けておく。そうすれば、社会人になってとても役立つと思います。

他の社員と仕事を知る

東京営業所 S.K.

技術開発本部 Y.W.

海外営業課 M.O.

東京営業所 H.T.

技術開発本部 T.K.

製造技術課 H.M.

北関東営業所 T.S.

技術開発本部・生産技術グループ S.T.